トップページ > タウトク×フジみらいコラボページ > 2020年1月号

タウトク・フジみらいコラボロゴ

2020年1月号

 今回は河川巡視支援業務に携わる社員のなかでも、巡視員である3 人の方にお話を伺いました。私たちのごく身近にある吉野川や旧吉野川などに日常的に関わる「河川巡視」とは、どんな仕事なのでしょうか!

タウトク―お仕事の内容を教えてください。

髙橋 正巳(トップ写真一番右)
 私たち3 人とも発注者支援業務のひとつである「河川巡視支援業務」に携わっています。業務内容を端的に言うと、河川や堤防を日々パトロールして、河川を美しく安全な状態に保つことです。堤防をオレンジ色のパトロールカーが走っているのを見たことがある人も多いかもしれませんね。このパトロールカーで巡視員と運転員の2 人1 組体制で業務にあたっています。私たちの仕事の大きな意義は、この河川巡視を通して、地域住民の方々の財産と命を守ることだと感じています。
田中 愼二(トップ写真左から2 番目)
 当社が業務受注している主な区間は、吉野川の河口から阿波市阿波町の岩津付近までの下流域(約40 キロ間)と、旧吉野川・今切川です。これらの国が管理する一級河川において、災害発生の防止や適正な利用、堤防・樋門など河川管理施設の機能維持、また河川環境の整備と保全を図るために、違法行為の発見や堤防・樋門などの維持状況の把握、河川利用や自然環境の状況把握を行っています。もし、これらの状況が適切でなければ、異常気象時に重大な事故を発生する原因ともなり得ます。
吉田 茂之(トップ写真一番左)
 具体例を少し挙げると、ひとつはゴミなどの不法投棄がないか、国の管理地である河川区域などに無断で耕作したり無断で小屋を建てたりするなどの違法行為がないかを確認することです。もし不法行為や迷惑行為などを発見した場合には、行為者を注意し、是正を促します。また、堤防などの河川管理施設の異常を発見することも大きな仕事のひとつです。異常を早期に発見し、場合によっては措置を行うことで異常気象時のリスクを軽減できます。これに加え、夜間巡視や出水時巡視なども行い、1 年を通して河川を安全な状態に保つために日々業務に取り組んでいます。

タウトク― 仕事をする上で特に心がけていることは何ですか?

田中: 河川巡視は基本的に目視で行うため出来るだけ見落としがないよう、緊張感を持って注意深く取り組んでいます。日々見ているから「気付けるだろう」ではなく、「正確に、確実に」を心掛けています。
吉田: 基本的なことですが、小さな異常や変化もそのままにせず、すぐに対応・報告することです。堤防であれば少しの穴も見逃さない。ちょっとした穴でもそのままにしておくと気付いたときには大きくなってしまい、のちに重大な事故に繋がる可能性があります。
髙橋: みんなも言う通り、素早い報告と対応が肝要です。どんなに経験を重ねても、それを徹底することは忘れてはならないと感じています。また、業務の効率化を図るための改善や工夫も必要です。阿波市の善入寺島では、国有地の占用者や土地の種類などが現地で分かりづらく、手間取ることも多々ありました。それを社内のシステム課に相談したところ、ごくシンプルで分かりやすいアプリを作ってくれて、管理が劇的に変わり業務効率が一気に改善されました。部門の垣根を越えて、こうしてフォローしてくれる仲間がいることにも感謝です!

タウトク―それではここで、お互いの印象について皆さん教えてください!

髙橋: 田中さんは見た目は貫禄がありますが(笑)、根が真面目でとても優しい方です。尊敬できる先輩です。吉田さんは本当に頭がいい。元銀行員という異例の経歴の持ち主で、切れ者です(笑)。
実はフジみらいには、吉田さん以外にも異例の経歴を持つ社員がたくさんいます。田中さんも元経営者ですし! 業務以外でもそれぞれ専門分野を持っているので、話していておもしろいです。
吉田: 髙橋さんは熱い男。若い社員の立場になって、若い社員の頑張りにスポットをあてて、それを会社に対して声を大にして言ってくれるという一面があります。なかなか真似できることではないので、すごいと思います。田中さんは知識と経験が豊富で、いつも勉強させていただいています。
田中: 吉田さんは、同じ吉野川を北岸・南岸でそれぞれ分かれて担当していることもあり、よく情報交換をしています。吉田さんの報連相には日々助けてもらっています。髙橋さんは巡視員として先輩にあたります。日々の巡視内容を記録した日誌では専門用語を多用するのですが、髙橋さんに聞けばいつでも素早く丁寧に教えてくれるので、本当にありがたい存在です。

タウトク ―それでは最後に、新しい仕事や職場を探している若い人たちにメッセージをお願いします。

田中: フジみらいがどんな会社なのか、どんな人が働いているのか、自分の目で見て確かめて欲しいですね。ここなら、きっといい仲間ができますよ。
髙橋: 仕事を学ぶ上ではもちろん厳しさもあります。でも、自分の中に一本筋が通っている人であれば問題ないと思います!
吉田: フジみらいの門戸は広い。資格や経験、キャリアだけを重視するのではなく、本人のやる気や人柄をみてくれます。必要なのは向上心と耐力! 建設業の資格や経験がなくても挑戦できます。社内では、資格取得に向けた勉強会等のフォロー体制も整っています。

タウトク― ありがとうございます!

〒770-0873 徳島県徳島市東沖洲一丁目6番地1 TEL:088-664-7077