トップページ > タウトク×フジみらいコラボページ > 2019年10月号

タウトク・フジみらいコラボロゴ

2019年10月号

 中途採用の社員が大半を占めるフジみらいでは、年の差はあれど「同期の絆」が強いのが特徴です。今回は、平成25 年に入社した同期の芝 宏典さん(36 歳)と四宮 桂さん(29 歳)にお話を伺いました。
 それぞれのフィールドで技術を磨いているふたりに、「フジみらい」はどんな風に映っているのでしょうか。

タウトク ― まず、おふたりの仕事内容を教えてください。

四宮: 私は国土交通省 徳島河川国道事務所の道路計画課で、現場技術員として従事して5年目になります。主に道路工事の計画や測量・設計の発注等において、国交省の職員の方々の業務をサポートしています。
芝: 私も昨年度まで四宮くんと同じ部署で働いていましたが、今年度からは新事業推進部の電力支援課に異動になり、心機一転、新しい環境で新しい仕事に取り組んでいます。現在は発電所内の建築・土木担当として保守管理業務に携わっています。

タウトク ― 仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

芝: 発電所の社員の方々や協力業者の方々とのコミュニケーションを一番大切にしています。私たちの仕事は一人で出来るものではなく、いろんな方の協力があってこそ進んでいきます。仕事の話はもちろんですが、仕事以外の話も織り交ぜながら土台となる人間関係を日々築いていくことを意識しています。
四宮: 私は国交省の職員の皆さんと仕事を受注しているコンサル会社さんとの間に立ち、計画がスムーズに進むように取り組んでいます。仕事の中では特に「双方の視点を持つこと」を心掛けています。もちろんコミュニケーション力も欠かせませんし、道路に関する幅広い知識を身につけることも必要だと感じています。

タウトク ―おふたりは同期入社だとお聞きしました。同期ならではのお互いに尊敬しているところを教えて下さい。

四宮: 芝さんの、仕事をコツコツ、きっちりとこなす姿勢を尊敬しています。仕事の完了まで、最後の最後まで集中できる人です。人としては愛嬌があるので(笑)、先輩からも好かれていますし、面倒見が良くて後輩からは慕われています。
芝: 四宮くんは、真面目で仕事への熱意や探究心がとにかく強い! 本社の技術部に在籍していたときから一緒に仕事をする機会が多く、その頃からとにかく“知りたい” という欲求がズバ抜けていたように思います。分からないことがあればすぐに聞きたい性格で、当時、上司がトイレに行ってもトイレまで追いかけて質問しているのを見たときはビックリしました(笑)。ちょっと天然で、独特の感性があるのも魅力です!

タウトク ―おふたりにとって「フジみらい」とは、どんな会社ですか?

芝: 前職では建築関係の会社に勤めていましたが、フジみらいは土木がメインの会社です。私自身は土木未経験で入社し、様々な経験を積ませてもらい、土木を勉強する中で「もう一度、建築関係の仕事をしたい」と感じるようになりました。今、会社で新しい分野への開拓がどんどん進んでいるおかげで、改めて建築関係の仕事に携われるようになりました。フジみらいは自分に合った仕事や、新しい可能性を発見できる会社です。
四宮: 私は以前、建設関係の会社に勤めていて、そこでは「社長」はとても遠い存在でした。でも、フジみらいは会長や社長との距離が近く、気さくに話をしてくれます。上司との距離も近く、社員全員のチームワークが良い会社です。
あと、「追いかけたい背中」がいます! 私が尊敬する森本部長は、道路部門の最前線で長年活躍されていて、知識が豊富! いざ仕事に就くと「道路の鬼」と呼ばれるほどのプロフェッショナルですが、普段は物腰も柔らかく社員みんなから好かれています。国交省の職員さんからの信頼も厚いです。
芝: 森本部長はもちろんですが、道路計画課で私の上司だった堀江さんも尊敬しています。堀江さんは、仕事を受けたらすぐに動く、すぐにこなす、そして正確! レスポンスの早さと正確性の高さを、すぐ側で勉強させてもらいました。四宮くんもそうですが、先輩・後輩に限らず尊敬できる魅力的な人が多いのもフジみらいの良いところです。

タウトク― では、おふたりのプライベートについて教えて下さい。

四宮: 休みの日は会社の仲間たちとソフトボールをしています。3 年前にチームを立ち上げて、2 年前から社会人リーグに参戦し、2 連覇を達成しました。今年も優勝目前です! 会社のいろんな部署の人たちとソフトボールを通じて交流できるのが楽しいです!
芝: 四国や関西圏の面白そうな場所にドライブがてら出掛けるのが好きです。あとは、飲むのも好きです。月に数回は会社の仲間と飲みに行って、ストレス発散しています(笑)。

タウトク― それでは最後に、これからの目標を教えてください。

四宮: 今は技術士を目指しています。いずれは尊敬する森本部長のように、最前線でリーダーシップを発揮できる人財になりたいです。今年からは初めて自分の後輩ができたので、後輩にも慕われる人になりたい。仕事を人に教えるのって難しいですね。「教えること」を勉強中です。
芝: フジみらいで建築と土木の両方の仕事の経験を積ませてもらっていますが、まだまだどちらも中途半端。建築と土木の仕事をともに突き詰め、会社や社会に必要とされる「技術屋」になりたいと思っています。

〒770-0873 徳島県徳島市東沖洲一丁目6番地1 TEL:088-664-7077