トップページ > 採用情報-新卒採用-> 社員インタビュー

社員インタビュー

四宮 桂(Kei Shinomiya)

平成25年入社 技術資料作成

Q.現在どのような仕事をしていますか?

 発注者支援業務とは、公共工事を行う行政機関の業務をサポートする仕事で、言わば準公務員的な立場です。工事の計画・設計段階に深くかかわります。設計自体は設計会社が行い、行政と設計業者の間で、双方の目線から計画が円滑に進行するクッション材となるのが私たちの仕事です。

Q.仕事のやりがいを教えてください!

 私が担当しているのは、主に道路工事の対応。工事が進む中で、現場からの修正・追加設計依頼を測量・設計業者につなぎ、資料をチェックし、必要に応じて関係機関との協議に参加することもあります。仕上がった設計を現場に渡し、再び工事が進む、という仕事の流れです。「こういう指摘をされそうだな」と予測してあらかじめ対策しておくことでスムーズに提案が通り、設計者に「ありがとう、四宮さんがいてくれてよかった」と言われたのが印象に残っています。

 私の直近の目標は必要な資格を取得しつつ、スキルアップを図ること。そして10年後には道路部門の最前線で仕事に励み、困難な状況でも自分で考えて切り拓ける力を付けたいですね。そして20年、30年後には道路部門のトップになり、指導者としてみんなに慕われる上司の森本さんのような技術者になりたいです。

Q.フジみらいの魅力は?

 フジみらいは、同僚だけでなく先輩や上司との距離が近く何でも質問しやすい環境です。私たち技術3課は道路ですが、ほかにも河川などの分野で幅広く公共事業に携わっています。そのため、豊富な経験を持つ人が多いので、的確なアドバイスがもらえるのも魅力です。とくにチームワークの良さは国交省でも評判が高いんですよ。当社は何か事象が起こったときにスタッフ間で情報を共有するようにしています。方針や意見をまとめて進めるのでスピーディに対応できるんです。それが当社の強みとも感じています。

Q.プライベートの過ごし方は?!

 高専時代からソフトボールを続けていて、今も会社の仲間と楽しんでいます。社内チームでは副キャプテンを務め、リーグ戦での優勝も経験しました。団結力も深まり、年々チームの実力が上がっているところです。会社として力を入れているボランティア活動などにも、定期的に参加しています。


社員インタビューメニュー

ページトップへ

〒770-0873 徳島県徳島市東沖洲一丁目6番地1 TEL:088-664-7077